スーパーは楽し

歩いて、歩いて~。ひたすらまっすぐ。
歩いて、歩いて~。ひたすらまっすぐ。

明日からこちらはメモリアルデーウィークエンドで3連休です。
メモリアルデーは戦没者慰霊の日ですね。
だいたい連休前日って、もう皆、まったくやる気なしになる国です。
日本のように連休前に仕事片付けなくっちゃ!という感覚はないです(笑)。

 

昨日は街をがんがん歩きました。なんと、筋肉痛です。車で動けば数分でも、歩くと…とんでもない距離です。でも、こちらのお家もお庭も本当にきれいなので、見ながら歩いているだけでも楽しかったです。

 

 

ホメオパシーのレメディがずらり。
ホメオパシーのレメディがずらり。

先日も載せましたが、ホメオパシーのレメディーがスーパーのお薬コーナーに売ってるんですよね。これには感動しました。日本でホメオパシーというと「何それ?」という顔をされるし、説明するとさらに「何?うさんくさい?」感じが増します(笑)。ヨーロッパだけでなく、アメリカでも、普通に受け入れられているんですね。子供の風邪用とか、レスキューセットが組まれている商品もありました。これで日本みたいにネットで取り寄せたりしなくてもいいのが嬉しい。

お豆類、砂糖、塩、米、ドライフルーツ、小麦粉、シリアル、キャンディ…なんでも量り売り。素敵
お豆類、砂糖、塩、米、ドライフルーツ、小麦粉、シリアル、キャンディ…なんでも量り売り。素敵

こうした自然食品やホメオパシー、オーガニックの食材が並んでいるスーパーがお気に入り。

 

 

スーパーに行くと、その国の日常生活が見えるので、いろんなスーパーを見て歩くのが好きです。こんなでかいスーパーがあちこちにあって、経営が成り立つんだろうか…と思うほど、たくさんあります。食料品スーパー、量販店的なスーパー、寝室・バスルーム専門スーパー、インテリアショップ、クラフトショップと何度通っても楽しいものです。

でも、この国の場合、全てのベースは「土地がある」ということに尽きます。スーパーそのものの巨大さもそうですが、売っているものも「土地があるから必要なもの」「土地があるからできるもの」なので、日本のように「積み重ねる」「無駄な空間は出さない」「兼用にする」ということに知恵や労力を費やする必要性がないので、そもそも商品そのものの概念が違います。…というか、知恵の働かせどころがまったく違います。そういう意味では、アメリカのテレビショッピングの番組は、奇想天外かなり笑えます。

環境が文化、習慣を作る…痛感します。もちろんファッションも。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    emi (土曜日, 02 10月 2010 17:14)

    初めてコメントします。
    よろしくお願いします。
    アメリカのスーパーきれいですね~。
    レメディー売っていますね~。
    私はだいぶ前、ロスにちょこっと留学しました。(効果ゼロに近し(泣))
    ブログを読みながら、空気感を懐かしく思い出しています。

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!