鳩山さんのこと

わーい♪やっと炊飯器買いました。Tigerです。表記は英語です。やっぱり、ご飯はおいしいですね♪カリフォルニア米だけど
わーい♪やっと炊飯器買いました。Tigerです。表記は英語です。やっぱり、ご飯はおいしいですね♪カリフォルニア米だけど

炊飯器とは何の関係もありませんが(笑)、今はネットがあるので、何でもリアルタイムで日本のこともわかりますが、鳩山さんの辞任もネットで知りました。おそらく連日、テレビなどでやんややんやと攻め立てて、世論がどうのこうので辞任ということになったんだろうと予想はつきますが…なにぶん、こちらではほとんどNHKニュースくらいしか観れないので(それだって…15年前に比べたらすごいことだと思うけど…)、その辞任以前のやんやまでは、こちらではわかりません。
なので、「え!?今、辞任?あれ普天間いいの?」と一瞬思ったわけですが、こちらのニュースで大きく報道されないのは「あぁ、またか…」と慣れっこになっているに違いない…。

先週だったか、クリントン国務長官が普天間の問題をインタビューで答えているのをこちらのニュースでやっていたのですが、確か先週か先々週ですよね?彼女が鳩山さんを表敬訪問(首相官邸HPより)したの…。

で、つい先週かに話をした最高責任者に辞められたら、無責任極まりないと腹も立つでしょうし、こんな重要課題山積みで、最高責任者が変わってもいいってことは、あぁ日本の政治は政治家が動かしてないんだ…ってことになりますね…と私はそう感じました。

「責任を取る」=辞めさせる、という構図を「責任を取る」=とにかく、なんとしても最後まで仕事をやらせてから辞めさせる、という構図にするべきなな気がします。辞めたところで問題先延ばし、責任の所在も不明になり、外国からの信頼もなくなり、何も良いことはないですし。

でも、もしかしてメディアのあり方が一番の問題で、メディアリテラシーの教育がないのが問題なのかもしれないですね。

自分の仕事に置き換えると、一番大事なときに辞められるのって…とにかく困る。
…というのは、遠くからいるから言えるのかな。

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!