卒業おめでとう!

今日はミドルスクール(中学)の卒業式でした。

 

娘にとっては卒業というより「1ヶ月半、1日も休まず、訳わからないなりに、 本当によく学校に通いました。おめでとう!」という日でした。

 

ひとりひとり名前を呼ばれて会場に入ってくるのですが、娘の名前を呼ばれたときは、 なんだか本当によくがんばったな…とほめてやりたくなりました。 本人にとっては 必死な1ヶ月半だったと思うのですが、会場に着くと「Hi!!〇〇」と声をかけられたり、 卒業式が終わって外に出てくるなり、クラスメートたちと抱き合って、写真を撮り合って… 行方不明になるほどだったので、それなりにこの学校に馴染めていたのかなと思いました。

 

 で、…アメリカ人の子と肩を組んで、写真を撮っていたので「あの子はなんていう子なの?」 と聞くと、「う~~~~~ん、忘れた」…ま、いっか名前なんて。 英語の名前は、なかなか覚えられないよね。ハハハ(^^;)

 

 こちらの卒業式はスポーツ観戦のようでした(爆)。おもしろかったです。

まったく厳粛さには欠けますが、見ていてとても楽しい卒業式でした。 印象的だったのは、勉強で優秀だった子、スポーツで優秀だった子、音楽で優秀だった子 という風に、いろんな賞を発表され、どの子どももはがんばった3年間を終えてとても誇らしげ でした。勉強さえできればいい日本とは違います。これは授業の課題や宿題の出し方にも 日本とは違う面がたくさんあって、驚きましたが、このことはまたあらためて書きたいと思います。

 

何より日本と違うのは、式にはガウンを着て参加し、16時にスタートして1時間ほどで終わり、 子どもたちはみんなドレスを着て着飾って20時~23時までPromotionというパーティーです。 私もすっごく行きたい!と思ったら、親は参加できませんでした。子どもだけ。残念。

 

帰宅したのは23時半。

 

帰ってくるなりニンマリ笑って『みんなテンション高くておもしろすぎ。むちゃくちゃ楽しかった』 と一言。

歌ったり、踊ったり、本当に楽しかったみたいです。正直、英語もわからず…でも、こういうのを 楽しめてしまう彼女には感心しています。はい。

 

きっと彼女が大人になった時、この訳のわからないけど楽しかったこの日を懐かしく、愛おしく 思い出す日が来ると思います。

 

 

 

 

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!