宿題の山とバンド

バンドのパフォーマンス
バンドのパフォーマンス

週に2回、夜6時~9時まではマーチングバンドの練習です。そして、毎週金曜日は高校のフットボールチームの試合があり、国歌斉唱の演奏、ハーフタイムのパフォーマンス、スタンドでの応援演奏があります。マーチングバンドって見ていて、とっても楽しいです。何より渡米4ヶ月、このバンドのメンバーとして演奏している娘の姿を見ていると、4ヶ月前には信じられない姿なので、なんだか感動します。

 

娘は毎日たくさんの宿題に追われ、それをこなす(当たり前ですが、英語だし…)のがたいへんで、見ていてかわいそうなほどです。

 

「もうヤダ~!!」

「あの先生は鬼だ!」

「もう(日本に)帰りた~い」

「毎日、何か忘れてないか…どきどきする~」

などなど、叫びながらも、でも、ギブアップせずに必死でやっているので感心します。そもそも何が宿題なのか、聞きもらさずに帰ってくるだけでもハードル高いと思うんです。

 

日本に一時帰国して戻ってきたときは、実はものすごく落ち込んでたんですが、現在は、もうそんなことを考える余裕がないほど、追われています。…落ち着いて考えたら、やってられないんでしょう。日本では、家で勉強する姿もほとんど見ませんでしたし、宿題もない学校だったので、いやー別人のようです。時間もきっちり守るようになりましたし。すごいです。

 

こういう風に仕向けるアメリカの教育については、いろいろ思うところはありますが、また、あらためて書きたいと思います。

 

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!