娘の初めてのハロウィーン

魔女の手には「まちこ」ちゃん
魔女の手には「まちこ」ちゃん

はじめてのハロウィーンです。

アメリカの小中高(高校生にもなると…減りますが)では、ハロウィーンの日には仮装して学校に登校するのは特別驚くことではないのですが、まだまだ日本人感覚な娘は…そんな急にハイテンションにもなれず、でもみんなに「何着るの?」と聞かれて…しぶしぶ(?)直前になってハロウィーンショップに出かけました。

 

…といっても、最近はあまり写真さえ撮らせてくれないので、当日の写真はないんですが。残念。

 

結局、悪目立ちしたくなかったのか、「魔女」の帽子とマントだけ買って、学校には着ていかず、土曜日の日本語学校のハロウィーンパーティとハロウィーン当日に着ただけでした。

 

普通はキャンディをもらったら入れるためのかぼちゃのバスケットを持つのですが、わざわざ、この日のためだけに買うのももったいない(…わりと主婦感覚な娘です)と、何か適当な袋モノはないか…ということで、やまぶどう籠『まちこ』ちゃんにハロウィンカラーの手ぬぐいを巻いて、まちこちゃんを手に…魔女は出かけていきました^^

 

 

娘の戦利品
娘の戦利品

午後から集まって遊んで、18時に「Trick or Treat」に出かけ、帰ってきたのは21時前。それから皆で夕飯を食べて22時に解散。普段、ホントに遊ぶ暇がないので、久しぶりに遊んだ!という感じだったのだと思います。次の日の学校行きたくない~と言ってました。

 

こういう日があると、次の日がんばれるのかと思ったら…そうではなく、ずっと遊んでいたくなるらしい(笑)。

 

今年は様子伺いでしたが、来年、もっとたくさんの友達とハロウィーンパーティでも企画するぐらいになってくれたらいいなぁと思う母でした。

 

 

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!