Spring Concert

昨日、娘のアンサンブルのスプリングコンサートがありました。

 

アメリカの学校は9月が新学期、1年の終わりが6月です。夏~11月までがマーチングバンド、12月~6月まではアンサンブルとなり、このスプリングコンサートが晴れの舞台という意味では学年最後となりました。

 

日本のクラブと違って、毎日授業でアンサンブルがあり、それが単位となり、日本のように放課後の練習などはありません(マーチングバンドの期間は別です)。

 

毎日1時間の授業で…どうして、こんなに上手になるかなぁ~と不思議です。ジャズバンドや上級生のアンサンブルの演奏はさらに冬のコンサートからうまくなってました。ジャズバンドと一緒に歌うシンガーの女の子なんて、プロかと思うほどうまいっ。有料もOK、もっと歌ってって思うくらい(笑)。

 

あとコンサートの時は、男子はタキシード、女性はスーツやドレスと決まっているんです。

ダンスパーティだけでなく、男の子はみんな、若い頃からタキシードを着る機会を与えているのかな…と思います。やっぱりタキシード着ると、普段、カリフォルニアファッションの子たちも男前でジェントルマンに見えます^^

でも12年生にもなると…私にはただのおっさんに見えますが(笑)。

 

それはとにかく…昨年9月には、「来たばっかりでバンドを取るなんて…」と言われました。娘にとっては本当にたいへんでしたが、マーチングバンドも160人の中の1人として参加し、最後までやりとげました。ホント1年よくがんばりました。また、10年生も続けるそうです。また、私も楽しみです。

 

 

 

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!