日本の言葉と文化

昔、「NOと言えない日本人」という本が流行りましたが…。

 

どの国の言語でもそうですが、その国の気候や生活習慣から生まれた言葉がたくさんあります。日本語は感性と感覚を大切にしたグレーゾーンなニュアンスの言葉が多い言語です。アメリカに来てみると、自分はそのグレーゾーンを強く持っていることに気づきます。ある意味、それって自分を他に合わせる(和を尊ぶ)国民性でもあるのかな…と思うことがあります。自分が「こんな感じ~」と感じた曖昧な感覚を英語で表現すると、それはもう「自分の考えを持たないはっきりしない人」になりがちです。「どう思う?」と聞かれて、相手を強要したくなくて、自分が相手に合わせるといった…たとえば「どっちでもいい」という表現もそうですね。このグレーゾーンは感覚的に説明するのは難しいなぁと感じます。でも、はっきりしないことに日本人の優しさや思いやりがあったりするのも事実です。

 

常々、英語を話すときと日本語を話すときでは人格が違うというか、つまり英語を話すときのほうが断定的な表現になってしまうと思っているんですが、それは英語力の問題もあるけれど、そのグレーにふさわしい言葉を見つけて話すのがたいへんということもあるような気がします。わかってもらうのはエネルギーが必要。

 

そんな時、私の大好きな野田さんのコラムを見つけました。

 

『世界に通用しないモノを創る』 

 

これを読んで、そうそう!そういうことなんだ!と思わず、叫んでしまいたくなりました。

野田さんのお芝居は、日本語と日本文化と日本の歴史がまったりと融合された表現なんですよに。「世界に閉ざされているけれど、表現としては世界に開かれている」…なんと素敵なことだろう。

相手にも時間をかけてわかってもらう…それが文化ね。

 

 

 

 

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!