着物でHollywood

もう全然、追いついてないんですが…6月中旬の話、女優のみちこさんとハリウッドに行ってきました。おもしろすぎな1日。

 

みちこさん用コーデを一式持参して、着物を着てもらいました。カリフォルニアの太陽には絶対、明るい色がしっくりきます。きれいな水色の小紋にエンジ色の雪結晶みたいな柄の帯。やさしいピンクの半衿と帯揚げです。私はオレンジ色の小紋紬。明るいグリーンの水玉半衿にキモノモダンさんの帯。私自身は、どこにいても「普通」なカジュアル着物が理想(笑)。ハリウッドで派手派手の着物着たら、間違いなくコダックシアターの前のスパイダーマンたちと同化してしまいますもんね。それはダメ、ダメ。

 

ウェストハリウッドの方で一緒に遅めのランチをカフェで食べました。カフェもステキだったし、オープンエアで気持ちよかった。ちょっとお腹を満たしたところでハリウッドに繰り出しました。

車を停めて歩き出したとたん若い男の子たち3人が「きゃ~♪」と走ってきて…「Oh my God!Beautiful!Can we take a picture with you?」と可愛いゲイの子たち(写真右)。 いいよって言ったら、「きゃ~♪嬉しい!」と…ホントに嬉しそうにしてくれて、撮り終ったら、また「きゃ~♪」って言いながら行っちゃった。おもしろすぎ。

 

そのあと、みちこさんに案内してもらってハリウッドを歩く。

いろんな人に『Beautiful!』と声をかけられ、写真を撮ってると頼みもしないのに『2人で撮りたいでしょ?撮ってあげる!』と写真を撮ってくれたり、『日本はたいへんだったわね…』と声をかけられたり、『こんにちは~』『よしのや~(牛丼ね)』と知ってる単語を並べて話かけてきたり(笑)。ホントに優しくされて…嬉しくなってしまいました。

 

日本でも着物を着ていることがコミュニケーションのきっかけになりましたが、アメリカではもっとそういうことが多くなるのかもしれませんね。

 

マリリンモンローと♪
マリリンモンローと♪

あ、そうだ。この日、ハリウッドに繰り出す前に、みちこさんのオーディション?登録に付いて行って、なぜか私まで一緒に登録しちゃって(爆)。本当はアポが必要だったらしいけど「いいでしょ?」とごねてみたら、「OK~」と入れてもらえてしまう…さすがアメリカ。結局、何だったかよくわからなかったけど(いいのか?)、インタビューまで受けてしまった。

 

ホントにおもしろすぎな一日だった♪

 

 

 

 

 

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!