goodnews

今日はステキな知らせが届きました。
2008年に出版したこの「歌舞伎のかわいい衣裳図鑑」、おかげさまで重版決定しました。もう5刷だそうです。ありがとうございます。この本には本当に思い入れがあって、こうして長く愛していただける本が作れたこと、何より幸せです。

歌舞伎にはまって、当時、私のようなド素人でもわかる楽しい歌舞伎の本があったらいいのに…とすぐ企画書を書いて、染五郎さんに監修をお願いして、染五郎さんはもちろん、衣裳さん、床山さん、小道具さん、大道具さんなど、裏方さんのところに何度も通い、皆さんが優しく一から教えていただいたことをもとにして作った本です。企画書を書いてから出版まで2年くらいかかったでしょうか。たいへんでしたが、振り返ると温かい気持ちになる本なのです。

難しいことがわからなくても歌舞伎はとにかくおもしろいっ!…まずは「行って」「見て」「感じて」ほしいと思って作りました。今思うと、まだよくわからなかったから作れた本で(今思うと恥ずかしい質問をたくさんしてましたし…笑)、歌舞伎がよくわからない人にも楽しんでいただける本になっています。でも歌舞伎がお好きな方にも楽しんでいただける本でもあります。なにせ、裏方さんが教えてくださったことが詰まってますから。

本は我が子のように産みの苦しみがありまして、世に送り出す時は嫁に出すような感覚です。
ブッ○オフに売られてしまったりせず、ずっと本棚の隅っこに置いてもらえる本を作るのが、私が常に目標としているところなので(力不足なこともありますが…)、これからも丁寧に作っていきたいと思います。ちなみに着物や歌舞伎など和の本ばかり作ってますが、実は「好きなことやろうよ」というのが一番のメッセージなんですよ。気づいてくれてる人いるかな(笑)?

あらためて監修をしてくださった染五郎さん、一緒にこの本を作ってくれた編集さんに感謝です。ありがとうございます。

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!