女ばかりの送別会

女ばかりの送別会。

おいしいお料理とお酒とおしゃべりと。

 

アメリカにいると、人を送ることも多い。

寂しくなるけど、いつでも、どこにいても大丈夫。

また会える。

その友達から引越荷物の整理のために、義母さまのお着物や帯、もう着ないからと段ボールいっぱい、いただきました。虫干しもせず、ずっと箪笥のこやしになっていると着物はカビたり、シミになったりしますが、まだまだ着られるものが何枚もありました。シミも匂いもなくて状態も良かったのが、こちら。この紬も帯もステキ♡

 

彼女に着たところを見せたくて着ていきました。


ついこの間『ストライプに矢羽根の柄の帯がほしい』って話していたところに、この着物を見つけたのでびっくり。そうそう、こんな感じ♪カワイイ。

昔の着物って、袷でも本当に軽くて柔らかくて着やすいのですよ。私が着ても少し小さいくらいだったので、義母さまはきっと小柄な方なのでしょう。この帯もなんとなく歌舞伎に締めていきたい感じでしょ?

もし箪笥のこやしになっていたら、虫干しのつもりで着てみましょう。アメリカにいる方は特に…日本から着物は持ってきてはいるんだけどね…着てない、という方多いはず。

着物は着るもの。着てなんぼです。
着ると着物が喜ぶんですよ~ホントに。

Contact

お問い合わせなどはこちらから。

     ↓

click & send your message!!!